多汗症にいいツボってある?

多汗症にいいツボってある?

多汗症の場合、とめどなく流れ出る汗を止めることが大変重要です。

特に顔に汗をかきやすい症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の場合、仕事などに支障が出てしまう可能性もあるかもしれません。

そんな時に役に立つのが、全身の汗を止める事が出来るツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)です。

汗を止める事が出来るツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)は色々なところにあるものですが、最も押しやすく即効果が期待出来るのは手にあるツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)でしょう。

大きく分けて3箇所あり、場所により汗を止める事が出来る効果が違ってきます。

まず、手を握った時に小指の横辺りに飛び出る部分があるものの、この所に「後谿(こうけい)」と呼ばれるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)があります。

このツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を親指やペン先で強く数回押すことで、汗を止める効果が期待出来るのです。

また、手のひらを上側に向けた状態にし、その状態で見える手首(時には回したりしてストレッチしてあげるといいでしょう)の内側のシワの小指側の端から、指一本くらい下に「陰げき(いんげき)」と呼ばれるツボがあるようです。

ここを押すことで、後谿よりも強く汗を止める効果を得る事が出来るでしょう。

それに、人差し指と親指の骨が合流するところのくぼみ部分にある「合谷(ごうこく)」も押しやすいツボだと言われているんです。

汗を止めるのは当然として、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)や肩コリなどにも効くという名前の万能のツボなので、ぜひ覚えておいて下さい。

以上のように、手には汗に効くツボがいくつかあるのですから、汗が止まらない時は押してみると良いですね・

関連記事

  1. アロマが多汗症にいいって本当?

トラックバックURL

http://reuhyndei.com/tanansyo/%e5%a4%9a%e6%b1%97%e7%97%87%e3%81%ab%e3%81%84%e3%81%84%e3%83%84%e3%83%9c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%82%e3%82%8b%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です