アロマが多汗症にいいって本当?

アロマが多汗症にいいって本当?

多汗症の症状を抑える効果がアロマにあるっていう話を耳にした事がある人も少なくないのです。

多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の症状としてはストレスによっては発症してしまう場合もありますから、アロマの香りでリラックスをする事で、多汗症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を軽くさせる効果があるといわれているのです。

人により多汗症の症状というのは違うとは思うのですが、緊張によるストレスで汗がふき出す多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)の場合には、アロマのリラックス効果は最適なんです。

リラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)効果の他にも、アロマの中には直接付けることにより、汗が出ることを防止してくれる物も存在しているのです。

この頃、利用者が増えている肌に直接塗って使用するアロマオイル(純度が100%の物が精油、それ以外のものがアロマオイルですが、ショップですら混同していて紛らわしいのが現状です)の中には、制汗作用のある種類もあります。

ヒノキ、ベルガモット、ユーカリ、レモングラス、ローズウッドなど、その種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)は多岐に亘りますから、貴方の好みのアロマオイルを利用すると良いでしょう。

全身の汗には使いづらいと思いますが、手のひらに汗をかきやすい人であれば、希釈したものを軽く一吹きするだけで汗を止め、汗のニオイも抑制することが可能になります。

小瓶などに入れて持ち歩けば、汗が出た時にすぐに使用出来て便利です・

関連記事

  1. 多汗症にいいツボってある?

トラックバックURL

http://reuhyndei.com/tanansyo/%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%81%8c%e5%a4%9a%e6%b1%97%e7%97%87%e3%81%ab%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%9c%ac%e5%bd%93%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です