オルニチンと肝臓

オルニチンと肝臓

暴飲暴食やストレスなどで肝臓の機能が低下してしまうと、脳に疲労の信号が送られ、疲労感が感じられるんですね。
オルニチンを含むしじみだけではありませんが、例えば大根が胃の調子を良くするなど、昔の人の知恵や知識というのはすごいですよね。 必須アミノ酸のようにタンパク質を構成しているのではなく、オルニチンは、遊離した状態で単独で存在しているので、遊離アミノ酸と呼ばれています。 オルニチンは、食品にも微量含まれていますが、もともと人間の体に備わっている成分です。
肝臓でオルニチンは、有害物質であるアンモニアを解毒、尿素に変えて排出するという重要な役割を担っています。
これは疲労にも関係し、オルニチンが体内に不足して肝臓の解毒機能が正常に働いていないと、疲労が溜まってしまうといわれています。 アンモニアというのは、体内でタンパク質が分解されてできる有害物質で細胞内のエネルギー生産を妨げてしまいます。

オルニチンは、肝臓の働きを保ったり、疲労回復などに効果がある成分です。
ブログやサイトなどで、肝臓の働きを助ける重要なオルニチンについて、調べてみましょう。
よく知られる必須アミノ酸とオルニチンの遊離アミノ酸は同じアミノ酸でも違うんですね。

関連記事

  1. オルニチンの成分
  2. オルニチンと身長
  3. オルニチンのサプリメント
  4. オルニチンの副作用
  5. オルニチンの摂取量
  6. オルニチンの含まれる食材
  7. オルニチンの効果
  8. オルニチンとは

トラックバックURL

http://reuhyndei.com/orunitin/%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%a8%e8%82%9d%e8%87%93/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です