突発性難聴と補聴器

突発性難聴と補聴器

一般的には、突発性難聴になっても、補聴器をつければ、生活に支障がないとされていますが、そう簡単ではありません。
ずっと聞こえにくい状態で生活していく可能性が突発性難聴の場合、3分の1あるので、補聴器は必須になります。
聴覚の補助をするには、補聴器という選択が一番簡易的なので、突発性難聴になっても、諦めずに試してみることです。
感音性難聴に属する突発性難聴の場合で、内耳障害として蝸牛がほぼ機能しなくなっている状態なら、音が脳に伝わりません。
あの国民的歌手といわれる浜崎あゆみさんが、突発性難聴であることがわかり、大きな衝撃を与えました。

突発性難聴になって聞こえにくくなった耳には、補聴器はその効果がしっかり得られないケースが大半です

No tags for this post.

関連記事

  1. 老化 防止の食事療法
  2. コラーゲン ペプチドの動画
  3. 老化 防止の症状
  4. 真島茂樹のコラーゲン ペプチド
  5. 老化 防止の原因
  6. 私はコラーゲン ペプチド初心者
  7. 老化 防止の危険因子
  8. コラーゲン ペプチドの教室
  9. 老化 防止の眼底検査
  10. はなまるマーケットのコラーゲン ペプチド

トラックバックURL

http://reuhyndei.com/nayami/%e7%aa%81%e7%99%ba%e6%80%a7%e9%9b%a3%e8%81%b4%e3%81%a8%e8%a3%9c%e8%81%b4%e5%99%a8/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です