ヘアブリーチによる髪のダメージ

ヘアブリーチによる髪のダメージ

ヘアブリーチやヘアカラーを繰り返していると、髪のダメージを高める事は分かっているのにも関わらず、なんでみんな考えないのでしょうか。 こうした自然的要因に加え、ドライヤーやヘアアイロンからの物理的要因、それプラス、ヘアブリーチやヘアカラーなどからの科学的要因となるともう大変。 その辺り、ヘアブリーチの正しい使用法やダメージのケア方法を今一度、関連のブログやサイトで学習していただきたいものですね。 これはヘアブリーチだけでなく、ヘアカラーにも言える事なので、やはり少しは気を付けた方がいいでしょう。
特に若いうちから髪のダメージの大きい人というのは、これからの長い人生を考えていただければと思いますね。
勿論、根本的にヘアブリーチを否定している訳ではありませんから、そこんとこ、誤解しないで下さいね。
まあね、常に眩しい茶髪や金髪をキープしたいとか、仕上がりが気に入らないから直ちに直したいという気持ちは分からなくはないですよ。 いや、髪のダメージを改善する事を考えないのではなく、ヘアブリーチを控える事を考えないのです。
これは美容師をしている友人が言っていた事なのですが、やはりヘアブリーチは、月一回が理想であり、目安であるようです。
そして何より、もうすでに髪のダメージの大きい人は、少しでも改善する事を考えて欲しいと願わずにはいられません。
でも、そこは髪のダメージの進行を考え、ヘアブリーチのペースを落ち着かせる必要性が否めないのではないでしょうか。

No tags for this post.

関連記事

  1. 老化 防止の食事療法
  2. コラーゲン ペプチドの動画
  3. 老化 防止の症状
  4. 真島茂樹のコラーゲン ペプチド
  5. 老化 防止の原因
  6. 私はコラーゲン ペプチド初心者
  7. 老化 防止の危険因子
  8. コラーゲン ペプチドの教室
  9. 老化 防止の眼底検査
  10. はなまるマーケットのコラーゲン ペプチド

トラックバックURL

http://reuhyndei.com/nayami/%e3%83%98%e3%82%a2%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%81%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e9%ab%aa%e3%81%ae%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です