ぽっこりお腹と病気

ぽっこりお腹と病気

ぽっこりお腹は病気の症状として現れることもあるようです。
ぽっこりお腹で病気を疑っても、なかなか病院へ行こうと踏ん切りの付かない方もいると思います。
ぽっこりお腹の中は腫瘍で埋め尽くされ、子宮、卵巣は全摘出となりました。
ですから、生理のときに違和感があり下腹部辺りがぽっこりお腹になっている場合は、病気を疑って病院へ行ってみると良いと思います。
ただ、ぽっこりお腹になっても便秘や食べすぎと勘違いし、重い病気であるという自覚がないせいか、自覚したときには、私の母のように手術をしなければならないことも多いようです。 その後、検査を経て手術。
このときぽっこりお腹の原因となった子宮の重さを量ったら、なんと、7キロもあったということです。
その当時、私は実家を離れて一人暮らしをしていました。
そのような方は、病気によるぽっこりお腹の情報をネットで集めてから、病院へ行っても良いかもしれません。
そのうちぽっこりお腹だけが目立つようになり、顔や腕はガリガリに細くなったので病気を疑ったようです。
父に母が病院へやっと行く気になったから付き添ってくれといわれたときに、初めて母親の状態を見ました、
胃のあたりからぽっこりお腹になっていて、まるで双子を妊娠しているのではないかと思えたほどでした

No tags for this post.

関連記事

  1. 老化 防止の食事療法
  2. コラーゲン ペプチドの動画
  3. 老化 防止の症状
  4. 真島茂樹のコラーゲン ペプチド
  5. 老化 防止の原因
  6. 私はコラーゲン ペプチド初心者
  7. 老化 防止の危険因子
  8. コラーゲン ペプチドの教室
  9. 老化 防止の眼底検査
  10. はなまるマーケットのコラーゲン ペプチド

トラックバックURL

http://reuhyndei.com/nayami/%e3%81%bd%e3%81%a3%e3%81%93%e3%82%8a%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%81%a8%e7%97%85%e6%b0%97/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です