お灸で多汗症が改善できるの?

お灸で多汗症が改善できるの?

お灸(制裁を加えるといった意味合いで、「すえる」といわれたりもしますね)をする事で多汗症顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)が改善したという方は、全国にかなりの人数がいますよね。

 

人により効果的である場合と無い場合があるようですが、一定の効果が見込めることは事実です。

 

効果が出た理由として、1つ目は汗を抑える事ができるツボ (自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)にお灸(制裁を加えるといった意味合いで、「すえる」といわれたりもしますね)をすることで、汗を止める効果が出たということが考えられるでしょう。

 

体には汗を止めることができるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)が幾つか存在しており、指で押すのみでも汗を止める効果を持つことが分かっています。

 

もともとお灸は体のツボに行うことで、悪い部分を治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)するといった使い方をされていました。

 

ですので、汗止め効果的なツボをお灸(自宅で手軽にできる商品もあります)で刺激することによって、汗を止める事が出来てたといえますね。

 

2つ目は、お灸をする事で体の調子を整えて、リラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)効果が得られたからだと考えられます。

 

多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)を発症してしまう原因の一つに、精神的な不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)やストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)があるんでしょう。

 

お灸(昔は子どものしつけに使っていたこともあるそうです)をすることで心が落ち着き、リラックス状態を維持できたことで、多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)の症状を軽減できたのかもしれないのです。

 

いずれにせよ、多汗症の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を抑えたいのであれば、お灸(昔は子どものしつけに使っていたこともあるそうです)を試してみるのがオススメです。


多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です