多汗症は塩分不足になるか?

多汗症は塩分不足になるか?

人間の体は汗をかくと必ず水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)と塩分が汗腺から体外へと排出されます。

 

汗を大量にかけばかくほど、その排出量は増えるとあって、多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)がある場合には大量の水分(あるものに含まれている水のことです)と塩分を失っているわけです。

 

近年では、夏の熱中症予防の為に水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)と共に塩分も摂取するように国が全国で呼びかけを行っていたのです。

 

つまり、汗を大量にかいて体調に異変をきたした場合には、いくら水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)ばかりを補給しても駄目だということです。

 

多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を持つ人の場合、一般の人よりも汗をかく量が確実に多い為、慢性的な塩分不足になる人もいらっしゃるようです。

 

塩分不足が続いてしまったら眩暈(目が眩んだり、周囲は動いてないのに回転しているように感じたりする症状をいいます)やふらつきが起こり、酷い場合には気を失ったりする可能性もあるでしょう。

 

多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)のほうが夏場に汗をかいて眩暈(目が眩んだり、周囲は動いてないのに回転しているように感じたりする症状をいいます)などがひんぱんに起きる場合、確実に塩分不足になっています。

 

そのまま放置すると脱力感や精神障害が起こりますし、症状が進むと昏睡状態になるなどといった重篤な症状を引き起こしてしまう可能性もありますので、多汗症の人は特に注意しなけれねいけませんね。


多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】


トラックバックURL

http://reuhyndei.com/31-2/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です