多汗症って遺伝する?

多汗症って遺伝する?

両親が多汗症の場合、こどもも多汗症になるのかということで悩む夫婦も多いようです。

 

多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の場合、遺伝しないという意見が多く、両親が多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)でも子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)は多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)ではないというケースもよく聞きます。

 

しかし、中には親も子も多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)といったケースも報告されているので、このケースのみを見ると遺伝しているようにも思えます。

 

実は、DNA的な遺伝というよりも性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)的な遺伝という事が多いようで、多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)の親に性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)が似ている場合、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)も多汗症を患うケースが多いでしょう。

 

多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)の人の性格(人や動物の性質を表わす言葉です)を見てみると、異常に緊張する性格であったり、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)をためこみやすい性格だったりすることが多く、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)も同じような性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) だったら多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)になっているケースがたくさん見られたと言うことです。

 

汗をかきやすいかどうかは、メンタル(スポーツなどの競技では、技術や肉体を鍛えるだけでなく精神も強化する必要がありますね)に大きく関連する部分があるため、精神的な面を鍛えることによって汗をかくという症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を緩和する事もできます。

 

ですから、自分が多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)だから子供も多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)になるのではないだろうかと言った不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)に怯えるのは止めるようにします。

 

親の不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)は子どもに伝わりますから、その不安が子供の多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)を生み出してしまったりするだといえるはずです。


多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】


トラックバックURL

http://reuhyndei.com/%e5%a4%9a%e6%b1%97%e7%97%87%e3%81%a3%e3%81%a6%e9%81%ba%e4%bc%9d%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です